兵庫県|宝塚市|漢方薬局|漢方相談|

不妊症

不妊症

不妊症でお悩みの方に
~子宝の漢方「漢方薬による周期調節法のすすめ」

女性の体は、1日に朝があり昼になりそして夜になるというように、月経周期に基づき絶えず変化を繰り返しています。

この変化が食生活・睡眠・環境・ストレスなどで狂いだすと、ホルモンのバランスが狂い、妊娠しにくくなってきます。漢方は、ただ、ホルモンを補うことで、この状態を改善できるとは考えていません。冷えや血液の不足、ストレスなど大きく影響している原因を取り除き、やがて生れてくる赤ちゃんが10ヶ月ゆっくり育ち、元気で生れてくるような環境も作っていきます。

私どもは、中国南京中医薬大学婦人科の「夏 桂成」教授のご指導による周期調節法を取り入れ、月経期、低温期、排卵期、高温期に分けて、正常なリズムと体を取り戻すよう治療をすすめていきます。

従来の同じ漢方処方をずっと続ける方法よりも、確実に体のリズムが整えられ、成果が出やすいのも特徴です。

また、現在お医者様で不妊治療を続けている方でも平行して治療を続けていただけますし、ホルモンの多用で育ちにくくなった卵胞の状態を良くしたり、副作用を軽減することもできます。

さらに、長年治療を続けておられ、体調を崩してしまった方にもおすすめで、継続して不妊治療をしたり再開した方もおられます。

そして、免疫性不妊や多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)や、最近増えている高齢の方の不妊などの難しい症例の方でも、自然妊娠されたといううれしいお知らせもいただいております。

これから不妊治療をはじめる方も、現在しておられる方も、ご自分の体のためにもぜひ漢方による周期調節法をされてはいかがでしょうか?

漢方薬による周期調節法の基本

周期調節法では、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期という4つの時期で漢方薬を飲み分けます。それぞれの期で、どのように体が変化するのか、何に気をつけて生活すればよいのかなどを頭に入れておきましょう。

効果的な漢方薬による周期調節法

漢方薬による周期調節法は、一種類の漢方薬をずっと服用するのではなく、何種類かの漢方薬を周期にあわせて服用します。

この方がより効果があり、妊娠に至る確率を高くすることができます。

ただし、誰もが同じ漢方薬を服用するのではなく、周期に合わせた基本の漢方薬に体質や症状にあった漢方薬を併用していただきます。

じっくりやれば、体調も良くなり自然な形の妊娠の確率も高くなります。

出ている症状や条件はおひとり、おひとりお一人違うものですし、当店では、常に研鑽と経験を積み、じっくりご相談を受けてお薬をおすすめさせていただいています。

また、毎年、中国 南京中医薬大学附属病院の婦人科教授「夏 桂成先生」のもとで、研修も行ってきました。

おひとりでも多くの方に、可愛い赤ちゃんの誕生を実現していただけるようお手伝いさせていただいています。

不妊症とストレス

当店ではカウンセリングに力を入れています!

じっくりお話を伺うことから周期調節法のスタートです。

不妊で悩むカップルの方は、年々増えてきていますが、皆様が口を揃えて言われるのが、出口の見えない世界」だと言うことです。

生命の誕生は、神秘のベールに包まれている神聖なものであるのは、科学が発達した今日でも普遍のもので、どんな高度な技術を施しても100%と言うことではありません。

ですから、子供ができない女性にとって、またご夫婦にとって精神的な負担は大変なものがあります。まして、高度な治療を進めて行けばいく程、精神的、肉体的負担は大きなものがあります。

私どもは、特に心のサポートをして差し上げるように心がけてご相談をお受けしています。

そのために、日本不妊カウンセリング学会に所属して、不妊カウンセラーの勉強もしています。

基礎体温を測ってみましょう!

基礎体温の測り方
  • 朝目覚めた時に、安静のまま口の中で測定します。
  • 睡眠時間が5時間以上必要です。短すぎると正しい体の状態がわかりません。
  • 毎日測る時間は一定に。誤差は30分くらいならOKです。
  • 時間が違う時は、体温表にチェックを入れておいて下さい。
基礎体温でわかること
  • 排卵の有無がわかり、毎月測ることで排卵日の予測ができます。
  • 黄体機能不全かどうかがわかります。
  • 不正出血があった場合、原因を推測できます。

その他漢方の周期調節法の場合、全体的に基礎体温が低く出る場合と高く出る場合、排卵までの期間が長いか短いか、生理の時の体温の下がり方など、体質を見極める多くの情報があると考えています。

主な基礎体温のタイプ

漢方薬による周期調節法をはじめられた方々の声

  • 冷え性・寒がりが治りました。
  • 肌がきれいになりました。
  • ホルモン剤を使った時の「のぼせ感」が取れました。
  • 生理の量が増えました。
  • 基礎体温がきれいな二層性になりました。
  • 頭痛、肩こりがとれ、体調が良好になりました。
  • 排卵期の潤いが出てきました。
  • 生理痛がなくなりました。
  • 質の良い卵胞ができるようになりました。

よく使う漢方薬と価格の目安

1ヶ月/20,000〜 30,000円位が目安です。

  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
  • 参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
  • 杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
  • 参馬補腎丸(じんばほじんがん)
  • 逍遥丸(しょうようがん)

ご予算的に迷っておられる方もできることから始めませんか?お力になりますのでご相談くださいね。

PAGETOP
Copyright © 漢方ワカマツ薬局 All Rights Reserved.